STAFF BLOG

IMG_0151-682x1024

昨日に引き続き…寺田です

Posted on: 2015年4月18日 02:10:31 (土) 

サロンワークにおいて

僕が特に力を入れている技術が

『パーマ』

そんなパーマにについてご紹介させて頂きます。

最近は一言にパーマと言っても

様々な種類のパーマがあります。

例えば‥

デジタルパーマ

デジカール

マイクロパーマ

サイエンスカール

等々

いろいろありますね。

もはや全てを把握するのは難しいです。

と言うのも

メーカーによって

またはサロンによって

パーマをネーミングしているケースもあり

パーマの名前を聞いて

『これはこんなパーマ』

と100%回答するのは難しくなっています。

そんな事もあり、様々な種類のパーマが世の中に溢れています。

しかし大きな範囲で区別するならば

パーマは

2種類

に分けることが出来ます。

まず一つ目は

『ホット系パーマ』

これはいわゆるデジタルパーマです。

薬剤を反応させ、加温する事で髪に形を記憶させています。

特徴としては‥

髪が濡れた状態より、乾いた状態の方がカール・ウェーブが出る

ウェーブの持ちが良い(コールド系パーマの約1.5倍)

縮毛矯正をした髪にでも対応できる

熱処理をする為、繰り返しの施術が難しい(対処法はあるが基本的にダメージリスクが高い)

そして二つ目が

『コールド系パーマ』

いゆる普通のパーマです。

髪が濡れている時にカール・ウェーブが強く出る

手ぐしで乾かしながら強さをコントロールできる

濡れた髪にムース等をつけ、自然乾燥でのスタイリングができる

根元にボリュームが出せる

繰り返しかけられる

ホット系パーマに比べダメージリスクが少ない

ホット系パーマに比べもちが良くない

等の違いがあります。

どちらもパーマのかけ方次第で

良い面、悪い面があり

一概にどちらが良いと言うことはありません。

ちなみに

WARREN TRICOMI NYでは

コールド系パーマを扱っています。

こらまた

コールド系パーマにも様々あり

そらにより呼び名も変わってきます。

WARREN TRICOMI NYでは

すべてのパーマメニューに

『ナノスチーム』

を使用しています。

ナノスチームを使用しパーマをかける事を一般的に『水パーマ』と呼びます。

WARREN TRICOMI NYでは

これを

『ベーシックパーマ』

と言うメニューでご案内させて頂いています。

微妙にややこしくてすいませんm(_ _)m

要するに‥

すべてのパーマメニューにナノスチームを使用し髪をいたわりながらパーマをかけているので、ダメージが少なく柔らかく仕上がるという事です!

ナノスチームの効果やその他パーマの特性はまた次回にしますね。

最後に一言だけ

パーマをかけるお客様に

お伝えしたい事が

パーマは

髪に必要な最小限の力を持った薬剤で

最大限の効果を発揮させる工程を踏む

髪をダメージさせない事が鉄則

これが僕のパーマ理論です!

これを守ればお手入れしやすい

パーマヘアが実現されます! (もちろんパーマをかける前のコンディションが重要ですが‥)

では続きはまた次回‥

ありがとうございました。

毛先ワンカールの

挑戦しやすい

おすすめパーマスタイル

IMG_0151-682x1024

WARREN TRICOMI NY

店長 寺田 洸

  • Share
  • tweet
  • Google+
  • ! はてブ
  • LINE
  • Pocket 0

  • Warning: file_get_contents(http://cloud.feedly.com/v3/feeds/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fwarrentricomi.jp%2Ffeed%3Fpost_type%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/sites/heteml/users/e/m/c/emcreative/web/warrentricomi.jp/wp-content/themes/wt/sns.php on line 100
    feedly
  • RSS
最新の記事一覧
スタッフ
月別アーカイブ
RSS